高校生の平均勉強時間ってどのくらいなんでしょう。


難関大学に現役で合格した先輩たちは
実際にどのくらい勉強したのか気になるところです。


高校生の学年別、偏差値別に
平均勉強時間をまとめました。


⇒成績を簡単に上げる秘策はこちら

偏差値によって勉強時間は違う?




一般的に「勉強時間と偏差値」は比例する
言われています。



勉強時間が長ければ成績はいい、ということです。


⇒勉強のやる気を出したい!時はこちら

では実際に勉強時間はどのくらいとるべきなのでしょうか。

偏差値別勉強時間の実態とは?

高校2年生の勉強時間と成績が比例するデータがあります。

・偏差値45未満 :43.2分
・偏差値45~50 :62.3分
・偏差値50~55:60.3分
・偏差値55以上:105.1分

Benesse教育開発研究センターの「第4回学習基本調査」より


偏差値45~50と偏差値50~55では逆転現象が見られますが
2分の違いです。



しかし、
偏差値50~55と偏差値55以上では、40分も違っていることが
わかります。


このことから、勉強時間と成績は比例していることは明白です。



MARCHや早慶、国公立大学などは偏差値60以上がほとんどです。


このような難関大学を目指す場合は、
毎日105分以上勉強することが必要です。


高校1年生の必要勉強時間は?




高校1年生は、今までの中学生活からガラッと変わって
新しい学校に慣れるまで精神的にも身体的にも
負担が増えることが想像されます。




部活動も厳しくなったり拘束時間が増えたり、
勉強時間を確保する工夫が必要です。


しかし、部活で疲れたからといえ、勉強しないと
どんどん成績に差がついてしまいます。



どんなに疲れていても
2年生3年生になって差が開いてしまわないように
1年生のうちからしっかりと毎日勉強する習慣をつけましょう。


推奨勉強時間は学年+1時間。


つまり2時間です。



宿題と復習をまじめにやれば2時間はすぐだと思います。


「2時間も?」


と思う人は時間を意識しないで
まず目の前の宿題と、毎日の復習をしてみてください。


そして、時間はどれくらいかかったか?


気がついたら2時間以上勉強しちゃっているかもしれませんよ♪



高校2年生は油断しがちな学年?




高校入学したての1年生は新たな生活環境に
気分が引き締まっています。


しかし、2年生にもなると、学校生活に慣れて
勉強ん大して気が緩みがちになります。



部活動においても責任が増し、レギュラーになったり
行事などでの活躍の場が増えたり、
勉強に身が入らなくなることも。



しかし、
3年生になるとみんなが勉強し始めますので、
3年生になって慌てないように
2年生からしっかり勉強しておきましょう。


2年生でも推奨勉強時間は学年+1時間。
つまり3時間です。



だんだん勉強内容も難しくなってきます。


1年生の時から2時間勉強していれば3時間も
あっという間。



しかし


「3時間勉強しなくちゃ」


という意識が強いあまりに


「3時間机の前に座っていること」


ばかりを重視すると、
勉強の内容が薄いものとなってしまいます。



3時間机の前に座ることと
3時間勉強することとは意味が違います
ので
勉強時間ばかり気にするのは本末転倒ですね。


高校3年生こそ




推奨勉強時間は4時間です。



受験生であれば少ないかもしれません。


しかし、学校から帰宅後4時間勉強するのは
簡単ではありません。


塾や予備校もあるかもしれません。


スキマ時間も無駄にしないように
勉強時間を4時間確保したいですね。


⇒スキマ時間活用はこれが実に便利です!

まとめ 高校生の推奨勉強時間




平日
高校1年生・・・2時間 
高校2年生・・・3時間 
高校3年生・・・4時間 


休日
高校1年生・・・3時間  
高校2年生・・・4時間 
高校3年生・・・8時間 



難関大学を目指した先輩たちは最低でも
この時間勉強しました。


勉強は内容、つまり勉強の質が大切ですが、
どれだけの時間勉強したのか、毎日の努力の積み重ねが
結果として現れる
のです。


頑張ってください。