子供のスマホの使い過ぎは
成績を下げるだけでなく、
脳までダメにするって知っていますか?


しかし、無理やり取り上げると
親子関係も崩壊しかねません。


スマホをやめさせて勉強させたい親の願いは
どうすれば叶うのでしょうか。



⇒スマホを手放せない子どもはこうして勉強するようになった!

勉強していてもスマホは学力低下を引き起こすとは?


スマホをしていても勉強すればいいんじゃない?
と軽く考えていませんか?



私もそう思っていました。



ところが、
東北大学での調査の結果で、
驚くべきことがわかったのです!



仙台市教育委員会で、
仙台市立の全ての小中学校の児童生徒約7万人に
学習意欲や生活習慣に関するアンケートを実施し、
たデータを7年前から解析しています。


その結果です。


算数・数学の勉強時間が2時間以上
スマホ使用が4時間以上の場合の正答率➡55%


勉強時間が30分未満
スマホを全く使用しない場合の正答率➡60%



つまり、
平日に家で平均2時間以上も勉強している子が、
ほとんど勉強していない子より
成績が悪い
という結果なのです!



⇒スマホを無理やり取り上げた最悪の失敗例

勉強しても成績が悪いのはどうして?

平日に2時間以上勉強していても
成績が悪いのはどうしてでしょう。


考えられる原因は
スマホを気にしながら勉強しているため、
集中していない
からだと思われます。



スマホを机に置いて勉強すると、
スマホが気になり、しょっちゅう入ってくる
メールやLINEに勉強を中断されます。


その結果
集中して勉強できず、何時間勉強しようが
頭に入らないため、いい成績が取れるはずは
ありません。


かと言って、スマホをやめないお子さんにはこちら

⇒スマホを禁止しないで成績を上げる方法とは?

スマホがやめられないなら賢い勉強法を取り入れろ?


スマホを手放せないなら、
スマホで勉強してしまえばいいのです!


なんて賢い方法なのか、
この、時代に合った方法を初めて知った時には
大変驚きました。


通学中の学生のスマホを覗いてみてください。


この方法で勉強している中高校生は
実に多くて驚くはずです!


⇒最先端の驚くべき効率的な勉強法とは?

彼らは、スマホで勉強中は着信音を
鳴らないようにしています。

勉強の途中での着信音で
集中が途切れてしまうことを
知っているからなのです。



マナーモードにできない子はこんな性格


LINEの通知音によって


・メッセージが気になる


・どんな話の話題になっているんだろう


・すぐ返信しないと嫌われてしまわないか


・話題に入らないと仲間はずれに
されないだろうか


・LINEせずに勉強していると思われたくない
などなど


上記で分かるように、LINEが気になる人は、
その内容を不安に思う傾向があります。

結果、マナーモードにすることができず、
勉強に集中できるはずはありません。


思春期の子どもたちなら、
この傾向がより強く現れるのです。



脳科学的にも心配されるこわあ~いこととは?


では、脳内では何が起こっているのでしょうか。


・・ここから怖いです・・



スマホの使用習慣の強さ(多さ)と脳の前帯状回
(注意の集中や切り替えや、
衝動的な行動を抑えるという機能に関わる領域のひとつ)
という部分が関係していることが分かっています。


東北大学加齢医学研究所助教の横田晋務先生によると

LINEを習慣的に長時間使っていると
脳の形が変わってしまい、
集中力や注意力の低下に繋がると考えられます



スマホ対策はこうする!


内閣府青少年のインターネット利用環境実態調査では
平成28年度
高校生のスマホ保有率:90%強
中学生のスマホ保有率:52%




朝日新聞の調査
女子高生の4割がスマホを1日6時間超使用


結構重症ですね。



スマホがこれほど普及する前は、
「携帯ゲームをやめなくて困ります」


というお悩みが多かったのですが、
ゲームもスマホも同じです。



年齢が低いほど自分をコントロールできません。


親が変わらなければ・・


親がけじめをつけるようにしなければ
子どもが依存症になる確率は高くなります。

我が子にいくらスマホのルールを強いても、
親がスマホ依存型で夜更かし……では
何の説得力もありませんよね。



一昔前の、テレビを見ながら勉強すると
成績は上がらない事と同じですね。


親がテレビを見ながら子どもに


「勉強しなさい」
と言ったところで説得力はありませんよね。


スマホの上手な使い方やルールは、まず
親が率先して示していく必要がありますね。