子どもが高校を受験する場合、
公立高校にするか私立高校にするか、
選択に悩みます。


受験校の最終決定は中3の秋。


それまでに慌てて後悔しないように
考えて準備しておきましょう。


高校選びで重視するのは何ですか?


親は費用の面がとても心配ですが、
単に目の前の費用の差で公立高校を選択すると
失敗します!



⇒志望校って高望みすべき?安全パイを狙うべき?

3年間の費用の差額は?

学校教育費

受験料・入学金・授業料を含む
学校教育費・学校外活動費を3年分合わせると、

●公立高校で平均116.8万円
●私立高校で平均306~318万円

平成27年度私立高等学校等授業料等の調査結果より
のお金がかかると見通されます。



しかし!
公立高校の授業料は、
年収約910万円未満の世帯で無料
私立高校でも同額補助されています。(所得制限あり)



私立高校の場合は、

住民税が非課税の世帯は実質無償化(39万円程度)
年収350万円未満の世帯は年35万円の補助
年収590万円未満の世帯は年25万円の補助



年収590万円が所得制限のボーダーラインと
なるようです。


私立高校の授業料も現在でも
所得によって安くなる制度が
都道府県によってありますので、
参考にして下さい。


費用面では本当は逆転することも!!


・公立校に行って塾や予備校に通わせるか
・私立校に行って全てお任せするか




長期休暇中の補講や
予備校や塾に通った場合
その費用、ご存知でしょうか?



かなりのものです。

⇒格安なのに受験対応バッチリの内容の濃い塾はこちら


公立高校が安いからと思い
入学後、学校の勉強だけでは足りないと
予備校に入って年間100万円以上支払い、
そのうえ
予備校に通う交通費や時間を考えたら
結局私立にやればよかった・・



という話はたびたび耳にします。


私立は本当は高くない?


その点、私立校では
すべて面倒を見てくれますので
(カリキュラムが厳しい)
予備校や塾に行かなくても学校だけで
難関校に合格できる学校
もあります。



公立は本人の自主性に任せる部分が多く、
一方、
私立は企業ですので大学合格実績が
直接経営に響いてくるので
学校側も受験に対しては
真剣に指導してくれるのです。



私立校は結果を出すことに熱心ですので、
面倒見がよいのです。


ですので、
学校にかかる費用だけに目を向けて
単純に


「私立は高い」


と判断するのは間違っています。


⇒お金かけてる分、しっかり勉強させる方法!

志望校を決める際に重要な3つのポイント


・本人が行きたいと思う学校か
・合格する学力に達しているのか
・進学実績はどうか



学力

高校受験の場合の学力は
最後の最後まで伸びますので、
始めから諦めてしまうのは勿体ないです。


学力で学校の選択肢を絞るのは
最後の最後で大丈夫です。



最後の最後まで頑張って成績を上げておきましょう!
⇒子供の学力は親の責任ですから!

行きたい学校かどうかは見学して〇〇〇をつかむこと!


高校を実際に見学に行って
体で感じてほしいのは、
学校の雰囲気です。


特に部活動を見学すると、
いかに中学の部活動違うかがわかります。


高校入学後も部活を続けたい場合は
私立の特進コースでは、
学校によって部活の制限があったり
する場合もあります。



高校進学後も部活動を考えている場合は
見学は必須ですね。


時間的に余裕ががあるうちに、
複数校を幅広く見学に行くことを
オススメします。


通学時間は本当に大丈夫ですか?


高校に入ると、中学生時代と
環境はガラリと変わります。


もちろん勉強する科目数は大幅に増え、
小テストもたびたびあり、
定期テストの勉強もして

毎日の学習量は中学の比ではありません。


その上、大学受験の勉強は
2年生になると本格的に始まります。



特に
部活生は時間のやりくりが実に大変です。


高校入学後からも
すぐに様々なストレスが待ち受けています。


科目数や授業数の大幅な増加
勉強量の増加
部活動やクラスでの人間関係
などなど・・



その上通学時間が長い、となると
子供は入学当初から疲れ切ってしまいます。



そして最悪不登校にもつながるのです。



進学実績、指定校推薦の枠は?


高校受験はゴールではなく、
その後の大学受験も待ち構えています。

そのため、
大学受験をする場合はその高校の
進学状況を知っておくことは肝心です。




高校生はまだまだ
人に流されやすい年ごろなため、
周囲の友達が非常に関係し影響してきます。


楽なほう、楽しいほうへ興味が行くのは
大人でも同様ですが、
高校3年間などあっという間。


友達と楽しく過ごして
勉強せずに終わってしまって
慌ててももう遅い、浪人だ、
というのはよく聞く話です。



反面、周囲が勉強する雰囲気であれば
本人も自然と勉強します。


レベルの上の人間と付き合えば
自分のレベルも自ずから上がるというもの。


楽しい思い出作りの高校生活を選択するか
がっちり勉強してその先の受験に備えるか
どちらを選ぶかは価値観次第です。



学校選択で絶対にやってはならないこと!


私立単願や推薦入試を受ける場合は、
もちろん12月頭には志望校を
決定しなくてはいけません。


しかし、
一般入試の場合は出願の直前まで
最終的な志望校は決定しなくても
大丈夫です。


ただし、
絶対にやってはいけないことがあります。



これで決めてはいけない!3つのこと

1.自分で学校を決めない

本人の意向を無視して
親や周りの大人の意向で
高校を決定することです!



周りに勧められて
本人が選んだ高校に入った場合
高校で嫌なことがあったら、


「この学校には自分は入りたくなかったのに」


「他の高校を受験していたら、
受かっていたかもしれないのに」


後悔や人の責任ばかりが先立ちます。



2.先輩・友達に影響される


高校を選ぶ際に



「あの先輩が通っているから」


「友だちと同じ高校に行きたいから」


「友だちに一緒に受けようと誘われたから」


という理由の場合。



きっかけとしてその学校に興味を持つことは
良いことです。


しかし、
その学校が合うか合わないかは人それぞれです。


学校を良く調べずに入学すると


「思っていたのと違った…」


と後悔してしまうことがあります。


先輩や友達の話を鵜呑みにせず、
自分できちんと調べて
学校説明会や見学に足を運んで
直接自分の目で見て決めましょう。

3.親や周りの期待


高校は親が行くところではありません。


自分が3年間過ごすとても重要な場所です。


周りの意見や期待に応えることは
素晴らしいことです。


しかし、
行きたくない学校を我慢して
自分を押し殺してまで受験することは
絶対にやめましょう。



まとめ

学校選びのポイントです。

 

・現在の学力より本人が行きたいと思う学校


・高校見学は雰囲気を感じ取るために不可欠


・通学時間はかなりのストレスになる


・進学実績を見て大学を考えて選ぶ


・志望校の決定は必ず子ども本人がする



親も子も、後悔しない学校を選びたいですね!