部活やってるから勉強時間が取れない!

部活やってるから疲れて勉強できない!

部活やってるから成績上がらないと親に責められる!

部活やってるからって勉強と両立させたい!

部活と勉強の切り替えはどうしたらいいの?



部活もやりたい、かと言って受験も控えてる中高校生。



心配ですよね。



でも
部活と勉強は切り替えをうまくすれば両立可能です!



ポイントをしっかり押さえて意識すれば
部活も勉強も心配なし!

1.部活と勉強の両立で最も大事な事とは?




それは時間をどう使うか、ということです。


効率的な時間の使い方をマスターしましょう。

  • 眠いアラームをセットして仮眠をとる(10分以内!)
  • スキマ時間を油断せず有効に使う
  • 通学の電車
  • 休み時間
  • 部活の始まる前
  • 風呂上がり
  • 夜寝る前


  • こういった少しの時間でも考えてみると
    いろいろあります。



    スキマ時間を活用して積み上げていくことは
    結果大きなものになるのです。


    2.眠気との闘いに勝つ方法とは?!




    部活生にとって、特に中高生は眠いもの。

    いくら寝ても眠い年ごろ。

    これは避けられません。


    まして、部活で疲れると眠さは極限に・・・



    眠気と闘って頑張っても眠いだけで
    効率はとても悪いのです。


    そんな時は、

    アラームをかけて思い切って
    10分以内!の仮眠を取る

    ことをお勧めします。



    しかし!
    ここで「アラームに気づかず朝まで眠ってしまった!」
    との声も聞きます。


    決して10分以上は眠らないことです。


    それでも起きられるか心配、と思う人は
    眠くなったらその場ダッシュをお勧めします。

    脳が活性化するので、是非お試しください!


    3.部活やっていても成績がいい友達のヒミツ

    部活やってるから時間が無くて
    疲れるし、勉強できないから
    成績悪いのもしょうがない・・・


    と、自分で勝手に納得していませんか?



    しかし、部活をやっていても成績の良い
    仲間、いますよね?


    彼らは決して頭がいい、だけではないのですよ。


    秘密でも何でもない、
    必ず、勉強しています。



    その中でも、成績の良い子は
    勉強方法で大事なことを知っています!



    部活生でも成績の良い子が必ずやっていることとは?
    復習はきちんとすれば確実に成績アップする!


    あなたと同じ条件でも勉強しているのだ、
    ということを意識
    すれば、
    眠かったり疲れていても
    頑張る意識が湧いてくるはず。

    4.簡単に勉強に集中するコツとは?


    部活終わってスマホチェックもしたいし、
    ついでにゲームも・・・


    なんて、
    あっという間に時間は過ぎてしまいます。


    おまけに眠くなってきて
    気持ちのいい布団の誘惑に負ける、


    そんなことではあっという間に
    時間は過ぎてしまいます。



    意志の弱いことでは
    成績は下がる一方ですよね。



    さて、
    ではどうしたら勉強に集中できるでしょう。


    簡単です。


    本当は言われなくても
    自分で分かっているでしょ?



    それは、
    誘惑に負けない強い心。



    疲れているのに
    机に向かうのは気が向かないのも
    わからなくもありません。



    部活に全力注いで
    疲れて寝たい!

    でも、勉強しなくっちゃ!

    と、常に葛藤していますよね。




    そんな時は
    自分の好きな科目から始めましょう。



    始めから苦手科目から入ると、
    集中するのはなかなか難しいことは
    当然です。



    好きな、得意な科目から始める、
    がポイントです。



    または、
    単純な作業から始めることです。



    例えば
    単語帳を見る、
    教科書を音読してみる
    数学の単純な計算問題

    などなど

    5.スケジュールをたて、習慣化してしまう!


    自分の普段の生活時間を
    紙に書き出してみましょう。



    すると、
    いかに無駄な時間が多いか驚きます。



    スキマ時間、使えていますか?


    帰宅後疲れてだらだらしていませんか?


    お風呂から出て
    テレビを見入っていませんか?


    snsに時間を取られていませんか?



    学校の時間割と同様に、
    自分の時間もスケジュール立ててしまいましょう




    帰宅着替える→単語帳

    ご飯食べる→宿題

    お風呂から出る→復習

    歯磨き→英単語



    このように
    リズムをつけて習慣化してしまえば


    「夕飯食べたから宿題だ!」
    「歯磨きしたから英単語だ」


    と、生活習慣と組み合わせてしまえば

    「夕飯食べて宿題しないと気持ち悪い」

    「歯磨きしたら英単語覚えなくっちゃ」

    という意識が起こり

    単に
    「勉強しなくちゃ」

    という弱いモチベーションより
    ずっと強い動機付けになるのです。


    6.リストを作ると効果が2倍になる?


    これも紙に書き出します。
    To Do リストです。



    小テストでもいいですし
    定期テストに向けてもいいです。


    テストの日程が決まっていれば
    To Doリストは作りやすいですよね。



    いつまでにこれをやる!と決めて
    達成したらチェックを入れる。


    目で見える形にすることで
    達成感とともにやる気が起こります。



    しかし、
    あまり頑張ってタイトなスケジュールにすると
    どんどんおいこまれて
    逆効果になりやる気がなくなってしまいます。



    あまり厳しくないスケジュールを立てる。



    つまり定期テストの準備は早めにする、
    ということが結局は成績アップの近道なのです。


    7.ストレスとうまく付き合う方法とは?




    勉強しなくちゃいけないのはわかっているんだけど
    意味なくイライラする・・・



    中高生はそんな年ごろ。



    そんなイライラと闘いながら机に向かうのって
    辛いですよね。


    つい、スマホに手がいってしまいますよね。




    ストレスは適度に発散しなければ勉強に集中するのは
    難しいです。



    スマホに気が取られ、そのままSNSで
    時間があっという間に過ぎてしまった!


    イライラして弟をいじめてしまった!


    気分転換に外出したら
    友達に会ってカラオケに行ってしまった!




    ストレス解消は間違えると勉強の足を引っ張り
    挙句の果てに成績自体を下げてしまいます。



    「勉強に集中できないなあ」

    と思った日は時間を決めて
    気分転換をする
    ことです。



    まとめ

    部活と勉強を両立させる7つのポイント

    1.時間をどう使うか
    2.眠気に勝つ方法を知る
    3.みんな同じ条件で勉強しているという意識を持つ
    4.好きな科目や単純な作業から始める
    5.生活リズムと組み合わせて習慣化する
    6.リストを作り達成感を味わう
    7.ストレスを適度に発散する



    以上、部活も勉強も両立して
    親に文句は言わせない!
    受験に不安もない!


    部活を続ける根性があれば
    この7つのポイントは楽勝!

    Related Post