勉強と家の手伝い、
どちらを優先させますか?



ほとんどの親は
子供には成績が上がってほしいので、
親は勉強優先にさせてしまいがち。



しかし、子供の将来を考えた時に
果たして勉強だけでよいのでしょうか?




勉強する理由が親としてわかっていますか?
わかっていないのに勉強だけを
強要していませんか?


勉強する理由がわからない



勉強ができても身の回りのことが全くできない、
非常に優秀でも一般的な生活のことを全く
理解できていない


このような片寄った大人になってしまっても
いいと思いますか?


どのような大人になるのかは親次第




どのような大人になるのか。
それも親の責任です。




子供に大切なのは
勉強だけ、学歴だけではありません。




家の手伝いと言っても
身の回りのことはできて当たり前。



できるように育ててあげないと
大人になってからゴミ屋敷を作りかねません。



自分のことは自分でできることは
人間として当たり前のことですよね。



それが、成績を気にするあまり
子供には家事をやらせない親が多すぎます。


成績の良い子の日常の共通点とは




塾で聞き取りをしました。


日常的に家事を手伝っているか?


成績の良くない子の回答
ほとんどしていない



成績の良い子
毎日する。


はっきり分かれました。
あまりにくっきり分かれたので驚きました。




「うちでは家事手伝いはさせていませんが
勉強はできます」


という親もいるでしょう。
しかし、そんな子はまれです。



成績の良い子の部屋は
ほとんどが整理整頓がきちんとされています。



家事手伝いが成績を左右する理由とは?



成績のいい子は部屋も綺麗、
ノートも綺麗です。


こんな感じ




つまり、頭の中が部屋とノート同様に
整理整頓されているのです。




学習(記憶)とは積み重ねです。



部屋を片付ける=必要なものが定位置にある


このことは頭脳の整理に役立っていると言えます。



「整理整頓はできますが
勉強はできません」


このようなお子さんはやる気が起これば
必ず成績は伸びます。
大丈夫です。



だらしのない部屋にいると
脳もだらしなく記憶も散漫になります。


親が子供にすると成績が上がらない事とは?




子供は勉強が忙しいから
親ができることはなるべくやってあげよう
・・・親心、素晴らしいです。


しかし、待ってください!


親が手を出しすぎると
自立心のない子にしてしまいます。




自分の子とは自分でする、できるように育てること
当たり前ですよね。



考えてください。



多少勉強ができて
そこそこの大学を出ていても
人間としても基本的生活習慣が
できない大人になっていたらどうなりますか?



家事をさせた子とさせなかった子の違いは大きすぎた



家事をしなかった例

親が家事をさせずに親の管理のもと
バイオリンを毎日8時間の練習をして、
芸大に入りバイオリンの先生になった女の子がいます。


友達とも遊ばず幼稚園の頃から
ずっと頑張り、無事芸大に一発合格!


もちろん親は鼻高々。



しかしその後結婚したものの
家の中はゴミ屋敷。


片付けだけでなく、家事全般もできない、
結局離婚しました。



子供を抱えて
バイオリンの先生だけでは食べていけません。


実家に帰って老いた親の世話になっています。



実家が裕福だったのでよかったのですが
実家に頼れなかったらどうなっていたことでしょう。


家事をさせた例

東大法科大学院を首席で卒業したた男の子。


家事手伝いは日課。


兄弟3人で家事の当番が決まっていました。


部屋もモデルルームのように物が出ていません。



ノートもこのまま売れる!ほど見やすくきちんと
整理されています。


親は一度も勉強しなさいと言ったことはないそうですが
塾にも予備校にもいかず自主勉で現役合格。



これはまれな例かもしれませんが、事実です。


間違えないで!家事手伝いのさせ方



家事は生きるために必要な訓練なのです。
生きるために必要な自立の教育なのです。




しかし
気をつけなければいけないのが
家事の手伝いのさせ方です。


親が楽になるための強制はダメですよね。



男の子も家事ができれば結婚後も
とても円満な家庭になります。



勉強だけ、家事は一切やらなくていい、
そんな家庭で育った子は
大人になってから家事が嫌いで
家事が辛くて負担でものすごく後悔しています。